【JC予想2015】牝馬3頭に要注意

20141222124723764

今年の3歳牝馬は非常にレベルが高いと言われ続けていましたが、評価がめまぐるしく変わっていきました。2歳時、牝馬最高峰を決める阪神ジュベナイルフィリーズで優勝したショウナンアデラは桜花賞を前にして全治6ヶ月の骨折、阪神JFで下したレッツゴードンキが優勝したことから期待は大きく膨らんでいましたが、復帰間際にまたも全治6ヶ月の骨折が重なり、3歳を全休で過ごすこととなりました。そして、ショウナンアデラがお休みしている間、年が明け、皆が3歳になったときにはルージュバックの人気が過熱。牝馬三冠は確実、3歳牝馬が最も有利と言われる凱旋門賞の日本馬初制覇はルージュバックのものとまで言われたものですが、気がつけば未だ無冠。そして現在の三歳牝馬主役を担っているミッキークイーンは桜花賞では何をしていたかというと、登録こそしていたものの、賞金が足らず出走除外となっていました。しかしながら、その後の成績は皆さんご存知の通りです。幻の三冠馬となってしまいましたが、牝馬三歳にしてのジャパンカップ制覇はジェンティルドンナしか成していない難しい道ですが、ここを選んだミッキークイーン陣営の意志の強さを感じざるを得ません。

そしてジャパンカップへは他に2頭の牝馬が出走いたします。日本からは昨年の秋華賞馬ショウナンパンドラ。秋華賞以降はラキシスなどに負け、しばらくいい競馬が出来ていませんでしたが今年の宝塚記念で池添騎手に乗り代わってから成績が上向きオールカマーでは見事に優勝し、秋の天皇賞では唯一の牝馬出走にして4着入賞と健闘しています。天皇賞と同じメンバーの多いジャパンカップでは、また好位が予想されるでしょう。

最後に気になる存在、ナイトフラワーです。ドイツオークスで2着、同じくドイツのG1オイロパ賞では優勝を飾りました。このオイロパ賞は2,400mということもあり、ジャパンカップの距離への適性は十分ということが伺えます。その走りは直接まだ見ていませんが、デビューから乗り続けてきているシュタルケ騎手も日本までついてきてくれています。いつもどおりの走りを見せてくれることでしょう。

なぜ牝馬に注目したいかというと、今回3歳牡馬の出走がフランスのイラプトのみとなっており、大半の出走馬に斤量57kgが乗っかっているなか、3歳牝馬は53kgで戦うことになります。このメリットを享受できている競走馬が少ない、というところが注目すべき点なのではないでしょうか。

そう考えたとき、ミッキークイーンの優勝が夢物語ではないように思えたのです。

三連単予想の決定版登場!

IMAGE

競馬予想の花型とも言える「三連単予想」。その馬券の組み合わせは最高4896通りにも及び、これを1点で的中させる確率はわずか0.02%程度。

何十点と購入しては外し、大きな負けに繋がるという経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

そんな三連単を1点読み切りで的中させる競馬予想がございます。的中実績も多数掲載中。最強のプロ馬券師たちによる予想を1点あなたの予想に加えるだけ!この機会にぜひご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です